最近、テレビコマーシャルなどを見ていると、「ダイレクト自動車保険」という名前をよく聞きます。

 

一体このダイレクト自動車保険、何なのでしょうか。

 

ダイレクト自動車保険というのは、別名「通販型自動車保険」ともいいます。
ちなみに、昔からある自動車保険のことは「代理店型自動車保険」ということが多いです。
代理店型自動車保険というのは、自動車保険の会社と契約者の間に、代理店が入るタイプの契約をいいます。

 

自動車保険を実際に請求したいということであれば、自動車保険の会社ではなく、まずは代理店に連絡をするのが普通となっております。

 

代理店には、それぞれの契約者に担当者がいますので、実際の請求手続きはもちろん、保険の見直しや更新の際にも、その人と顔を合わせることになります。

 

一方、ダイレクト自動車保険というのは、契約者と自動車保険の会社が、直接契約を結ぶことをいいます。

 

一般的に、インターネットや電話などの通信を用いることから、通信販売、つまり通販型自動車保険ともいわれておりますが、ダイレクト自動車保険と同義です。

 

ダイレクト自動車保険の場合には、実際に自動車保険を請求するときや保険の見直し、あるいは更新の時も、保険会社と直接やり取りします。

 

自動車保険以外のお勧め案件
【車査定ガイド】愛車を最高額で査定してくれる業者ランキング最新版



・これは絶対に【車査定マニュアル】知らなきゃ損!だれだって高額買取をしたいものです!

オンライン英会話ガイド